就職・転職支援サービスランキング

 

 

運営者のつぶやき

看護記録のコツ



看護記録が読みにくい人っていますよね?
「これって何て書いてるの?」ということがあるので、もっと綺麗に書いて欲しいと思う時があります。
正直、私も人のことを言えませんが・・・。
丁寧に書けばもっと綺麗に書くことができますが、そんな余裕がないことが多いです。
だから、読みにくくなってしまうのは、なんとなく分かります。
でも、それで迷惑をかけてしまうので、できる限り読みやすく書く努力は必要だと思います。
そこで、最近看護記録を書くのが上手い先輩にコツを教えてもらいました。
まず、大事なのは平仮名は小さめに書いて、漢字は大きめに書くということです。
そうすると読みやすくなるようなので、私も早速実践しています。
確かにそうすると以前よりも読みやすくなりました。
そして、数字をはっきりと分かりやすく書くのも重要です。
数字が違うと医療ミスの原因にもなるので、これは本当に大事だと思います。
私もこれだけはずっと気をつけていました。
1と7は結構見間違える人が多いので、注意してかかないといけません。
後、バランスを考えて書くと綺麗に見えます。
読みにくい記録というのは、バランスが悪いです。
右上がりだったり、右下がりだったりすると読むのに苦労するので、この点も注意した方が良さそうです。



相性が悪い人と仕事をする時は?

職場には1人や2人、相性が悪いと思う人がいると思います。
相性が悪い人と仕事をするとなると気分が前日から重いですよね。
たまに辞めてくれないかなと思う時もあります。
でも、実際に辞められると業務の負担が大きくなるので、それはそれで困ってしまいます。
この場合、どうすれば良いのか分からなかったので、友達に相談してみました。
するとかなり良いアドバイスをもらいました。
友達に「相手の良いところを1つ探すことが大事だよ」と言われました。
良いところを探すことで、以前よりも接した方が楽になるそうです。
そして、その良いところを学ぶという姿勢を持つことが大切だとも言われました。
同じ年齢なのにこの友達は本当にしっかりしています。
私の友達には勿体無い限りです。
実際、その友達はこうやって、相性が悪い人と仕事をしているそうです。
そうするとストレスをそこまで感じないようなので、私も真似しようと思います。
ただ、相手の良いところを探すのって、結構難しいですよね?
どうしても悪い部分が目に付いてしまいますし。
これって性格の問題なのかな?
できないと諦めたら何も始まらないので、まずはやってみます!
せっかく貴重なアドバイスをもらったので、実践しないと!